ブログに沼るグレッグル

万年ベンチ外のブログ

aita ココロココ tire

 高校時代に山盛りの冷や飯を食べさせられた私にとって、社会に出る前にポッカリ空いた心を埋めるための時間が必要だった。その理由もあり、札幌圏の私立大学へと進学した

 

 大学1年生 

 右も左もわからず、とりあえず授業は全部埋めた

 大学は小高い丘の上にあるので、講義中の暇な時は外を眺めて超芸術トマソンのような長物を探してたりしてた

 Fラン大学は講義に出続ける時点で学内では稀有な存在となり、増してや日々の課題をしっかりとこなせばもう優等生扱いとなる

 

 

 

 大学2年生 中弛みできると思ったら自動車学校。睫毛が目に入って危うく事故りそうになった。MT車だったので、余計にパニクってエンスト。それでもさすがは教習指導員。すぐさまギアチェンジをしてブレーキを踏んでくれた。

 毎回怒られるので、毎回恐怖で吐きそうになりながら行っていたが、これを乗り越えた経験がいつか自分の糧となると信じて耐えた

 

 

 大学3年生 公務員試験勉強

 Fラン大学なので、公務員志望学生の講義といえど騒々しい。それでもその環境を選んだのは自分なので甘受(途中から自分で勉強した方が早いと思い、講義に出席しなくなる)

 公務員に向けての勉強が功を奏して、大学の講義においても集中力が高まりGPAが爆上がり

 下図のような賞状を貰うまでになる

f:id:gekox010:20220607125632j:image

 

 

 大学4年生 公務員試験と卒論

 敵の兵器を鹵獲する兵士のような狂騒的生活を送っていた

 私が目指す北海道庁一般行政職は、最短で8月下旬に最終合格する。最短というのは、夏の試験に落ちた人や他の自治体に落ちた人のために秋にも試験をして再募集をかけるためだ。

 しかし私の小・中・高一緒だった友人は、大手不動産会社でデベロッパーとして働くことが春早々に決まったようで鬱になる

 ちなみに彼は、私と同じ硬式野球部に高校時代に所属していたのだが、私は万年ベンチ外、彼は最後の夏の大会でエースだった。小さい頃から知ってるが故に、どんどん差が開くことに虚しさを感じる

 

 

 私は3・4年生の時に公務員予備校のLECに通っていた。授業は進度が遅くて自分で進める方が早いと感じたため1回しか行ってない。

 LECは全国模試と北海道庁模試の2つを受けさせられるのだが、全国模試は全く参考にならないし、受ける意味がない。大学受験で例えると、地方の私立大学を目指してる生徒に東大の試験解かせているようなものである。つまり科目数も難易度も自治体によってバラツキがあるのに、LECの模試は科目数も難易度も国家総合職レベルの問題を解かせてくるのだ。もちろん結果はボロボロでただ私のやる気を削いだだけであった。

 ちなみに北海道庁模試は、下図の通りしっかり勉強していたので取れている

 f:id:gekox010:20220613081118j:image

 

 大学生活を通して学んだことは、継続的に粘り強く取り組めば公務員試験だって単位取得だって自動車免許だって突破できるということ。 高校球児時代の不遇っぷりから生まれた学習性無力感は徐々に払拭されていった

 反対に、偏差値の低さからステレオタイプを肌で感じたこともあった

 確かに下図のようにイライラしたらテレビを壊してしまうチンパンジーぶりから察するに、私に合った学校だったのかもしれない

 

f:id:gekox010:20220609181522j:image

 

 ちなみに私の怒ると物を壊す習性に似てることからもこうが好きになった

 

 高校時代に勉強でも部活でも普通レベルに達していなかった私は偏差値の低い大学に行ったからこそ、自尊心を取り戻せた

 

 

 完